HOME > 運営団体

運営団体

佐治税理士事務所は、相続業務に特化した税理士事務所です。数多くの相続・贈与に関するご相談やご依頼を頂き、お客様の相続・贈与に関する手続きを全面的にサポートさせて頂いております。

相続は一生に一度経験するかしないかであるため、円満に相続を終えるためには、相続に強い専門家の力が必要になります。

私達はお客様の立場に立ち、
お客様にご満足頂くために、
お客様から「ありがとう」のお言葉を頂くために、
日々相続に関するご相談やご依頼をお受けしています。

円満に相続を終えるためには、相続についての前提知識、対策、専門家の助言が不可欠となります。特に相続税申告においては、各種特例適用の可否判定や土地に代表される複雑な財産評価、遺産分割による税額の変動等、相続専門の税理士の力が必要になってきます。

相続税申告は「どの税理士に依頼しても同じ結果になることはありません。財産評価の方法や遺産分割のご提案により、納税額に差が出ることがあります。 佐治税理士事務所では、相続税申告の経験豊富な税理士が申告書の作成を行います。また担当税理士は謙虚にお客様の要望に耳を傾け、申告のお手伝いをさせて頂きます。

また相続税申告以外にも、弁護士・司法書士・不動産鑑定士・行政書士・土地家屋調査士等の各専門家と連携し、相続に関するお客様のお悩みや手続きをワンストップで全て行う体制を整えています。

代表からのメッセージ

佐治英樹  [ 代表・税理士 ]

  1. 佐治税理士事務所へ相続税申告を依頼して本当に良かった!
  2. 分からないことも丁寧に教えてくれ、何より担当してくれたた税理士の誠実な対応に好感が持てた!
  3. 税理士が若くフットワークが軽くて、高齢の相続人にも優しく対応してくれた!
  4. 専門性の高い助言や提案をしてくれ、安心して相続税申告を終えることができた!

弊社では、お客様にご満足頂けるように、お客様から「ありがとう」のお言葉を頂けることを目指して、日々相続税業務に取り組んでいます。

相続税申告を行う過程で、何度もお客様から状況をお聞きし、ご相談しながら手続き進めていきます。
その場合に、お客様とコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことを大切にし、お客様にとって納得の行く相続税申告を作り上げていきます。

相続業務に特化した税理士事務所だからこそ可能となる「高品質」、「お値打ちな」、そして人間味のある誠実なご対応を融合させ、お客様にベストな相続税の申告業務を行っています。

相続税は故人が残された大切な財産に課税する税金です。
税率も高く、遺産額や遺産分割の方法によっては、多額の税金を納める場合もあります。
さらには、家族や親族間の利害対立から「争族」に発展することもあります。

私達は最新の税制や特例に対応し、納税額の負担を軽減することはもちろん、ご家族の方が円満に相続税申告を終われるよう誠意を持って対応させて頂きます。

お客様の目線で、お客様のご要望に耳を傾け、お客様にとって満足のいくサービスを提供いたします。

相続は一生に何度も経験するものではありません。 相続が発生した場合、何をしたら良いか分からないことがあるとかと思います。どんな些細なことでも弊社にお気軽にご相談下さい。

「佐治税理士事務所へ依頼してよかった」、そう言って頂けるサービスをご提供いたします。

すべてはお客様にとって最善の相続税申告のために

名古屋千種支部の特長

特長1. 相続税節税に強い

相続財産の約半分は土地や建物などの不動産が占めています。相続税申告の中でも特に専門性が要求される土地の評価については、小規模宅地の特例や広大地の評価減などがあり、税理士が評価しても大きく評価額が変わることがあります。

相続税生前対策では、不動産の有効活用や資産の組み換えにより、大きな効果が生まれます。

佐治税理士事務所では、豊富な実績を元に、土地の評価を最大限下げことができるようなご提案を行います。土地の評価方法一つを例にとっても、佐治税理士事務所の相続に対する姿勢がお分かり頂けます。

不動産以外の節税対策についても、効果的な遺言書の作成、生前贈与、生命保険の活用、養子縁組、会社設立による節税などお客様のニーズにあった節税方法を最大限ご提案させて頂いております。

特長2. 高品質の相続税申告を作成いたします

相続税申告全体の約80%に税務調査が実施され、その約80%について申告漏れが指摘されます。税務調査で申告漏れを指摘された場合、本来納めるべき税金以外に、加算税、延滞税、さらには重加算税として約40%のペナルティが課されることがあります。これらは正しい申告を行えば、支払わなくても良い税金です。

申告漏れを指摘される主な内容は、(1)死亡直前に引き出された預金、(2)過去に相続人の口座へ資金移動させた預金、(3)名義は異なるが、実質的に被相続人が管理していた財産、(4)生前、配偶者と財布が一つで、名義は異なるが実際にどちらの預金か分からなくなっている場合における配偶者の預金などです。

これらの預金がないか佐治税理士事務所では、被相続人の過去5年分の通帳を確認します。その結果、相続財産として計上すべきものは計上し、計上しなくて良いものについては申告書提出時に税務署に対して内容を示すことにより、税務調査で指摘を受けないようにしています。

例えば、上記④のケースで、配偶者名義の預金を相続財産として計上する場合、配偶者固有の財産は、相続財産として計上する必要はありません。根拠資料が乏しい場合、その算定は困難ですが、その場合でも税務上問題のない範囲でできる限り節税になるように佐治税理士事務所では計算を行います。

特長3. 相続税申告をお値打ちに提供する

相続税に特化した事務所であるため、無駄をなくし徹底した効率化により、高品質な相続税申告をお値打ちに提供することを目指しています。

「高品質」と「お値打ち」の両者を実現することで、多くのお客様から相続税申告のご依頼を頂いております。

▲お任せください。私たちがサポートいたします!

事務所プロフィール

支部名 名古屋千種支部
運営団体 佐治税理士事務所
代表者 佐治英樹 [ 税理士番号:113665 ]
住所 〒464-0821 愛知県名古屋市千種区末盛通5丁目10 千種イーストビル4階
電話番号 phone052-761-1777 [ 電話対応可能時間:平日 9:00~19:00 ] ※ 土日祝日対応可
FAX番号 052-761-1770
交通 地下鉄東山線・名城線本山駅徒歩1分
設立年 平成22年
従業員数 6名

所長プロフィール

代表者 佐治 英樹

1970年7月生まれ
福井県越前市出身
大学卒業後 金融機関へ就職 個人資産家を対象とした営業に従事。

1998年資産税特化型会計事務所へ入所 相続を考える資産家を対象に相続対策の提案、相続税申告業務等に従事。
2005年医薬品系上場企業においてM&Aに参画し、調剤薬局、医療法人等の事業承継業務、企業買収業務に携わる。
2009年6月税理士登録
2010年9月相続特化型事務所を名古屋市千種区池下にて開設
2011年7月業務拡大につき名古屋市千種区覚王山へ事務所移転

アクセス

最寄り駅

地下鉄東山線覚王山駅徒歩1分

相続・贈与相談センターとは

相続・贈与相談センターは、アックス資産税パートナーズが運営する専門家集団のネットワークです。 その組織力を背景に、豊富な経験と実績でお客様の相続を解決します。

詳しくはこちら

電話でのお問い合わせは052-761-1777

メールでのご相談はこちら